ふるさと納税の全サイト徹底比較

ふるさと納税のポータルサイトを徹底比較!2019年度のおすすめサイトが決定しました

ふるさと納税を利用するにあたり、膨大なふるさと納税のポータルサイトの中からあなたに一番合うものを見つけるのって大変ですよね?

ふるさと納税のポータルサイトをわかりやすくまとめて紹介しているところがなかったため、ふるさとマニアがわかりやすくまとめました。

この記事を読む事で、あなたに一番合ったふるさと納税のポータルサイトが見つかります。

主要9サイトの特徴だけでなく、詳細を知りたい場合は、別記事でしっかりと各サイトの紹介もしていますので、安心して、それぞれのサイトを理解することができます。

それでは、じっくりあなたに合ったふるさと納税のポータルサイトを見つけて下さいね。

この記事を読むとわかること

・ふるさと納税のポータルサイトの比較表
・2019年度のおすすめふるさと納税サイト
・「ふるさとチョイス」の特徴
・「ふるぽ」の特徴
・「さとふる」の特徴
・「わが街ふるさと納税」の特徴
・「ふるなび」の特徴
・「楽天ふるさと納税」の特徴
・「ANAのふるさと納税」の特徴
・「ヤフーふるさと納税」の特徴
・「ふるさとプレミアム」の特徴

ふるさと納税のポータルサイトの比較表

まずは、あなたにふるさと納税のポータルサイト主要9つの特徴と比較表を紹介します。

ざっくり、各サイトにどのような特徴があるかチェックしてみて下さい。

サイト名自治体数返礼品数特徴
ふるさとチョイス1,400200,000返礼品数ナンバー1
ふるぽ22448,697ポイント制導入
さとふる35748,000メール電話対応充実
わが街ふるさと納税174134,627アナログな送金対応
ふるなび10029,424家電取扱いナンバー1
楽天ふるさと納税42525,000楽天ポイント使える
ANAのふるさと納税13118,090ANAマイル対応
ヤフーふるさと納税17316,189Tポイントが使える
ふるさとプレミアム387,969家電カテゴリ有

いかがでしたでしょうか?各サイトに特徴がありますので、あなたのお好みで好きなサイトをご利用頂ければと思います。

ふるさとマニアでは、主要9サイトを徹底調査して、2019年度のおすすめふるさと納税サイトを決定しました。

人気度、知名度、返礼品取扱数、自治体数、取扱返礼品のアイテム数などから総合的に判断しますと、

おすすめは、「ふるさとチョイス」になります。

僅差というより、圧倒的な返礼品数の取扱があることから、あなたの欲しい返礼品が必ず見つかります。

「ふるさとチョイス」を利用することで、あなたが満足できる返礼品に出会うことができて、ちょっと贅沢な生活が送れることを願っております。

【2019年度】ふるさと納税の人気返礼品ランキング!食品・日用品の全ジャンル一挙公開しますふるさと納税で返礼品を探しているあなた!あなたの好きな返礼品をお申し込むする前に、ふるさと納税の人気返礼品ランキングをチェックしてみませ...

2019年度おすすめふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」の特徴

ふるさとチョイスの特徴は、なんといっても返礼品の取扱数が日本一ということです。

他のポータルサイトと比較しても、3倍以上の取扱いがあります。

ふるさと納税を利用するのにあたり大事なことは、

1.妥協せずあなたの欲しい返礼品が見つかるか?
2.納得して返礼品をお申込みできるか?
3.その返礼品を取り扱う自治体へ寄付することで貢献できるか

上記がポイントになります。

ふるさと納税を利用するための大事なポイントを全て叶えてくれる「ふるさとチョイス」です。

特徴やメリットデメリットを知りたいなら↓↓からどうぞ。

ふるさとチョイスをおすすめする理由!ふるさとチョイスの特徴やメリット、デメリット紹介「ふるさとチョイス」は、返礼品を200,000件以上、1,400の自治体を取り扱うふるさと納税サイトです。 ふるさと納税ポータルサ...

申込手順なら↓↓からどうぞ。

【申込手順解説】ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」返礼品の申込流れを紹介!ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」で返礼品のお申込みをしようと考えても、全く一連の流れがわからない、不安でわからないという方、いるの...

利用するなら↓↓からどうぞ。

「ふるさとチョイス」から返礼品を見る

「ふるぽ」の特徴

ふるぽの特徴については、JTBが運営しているので、旅行券の取扱いが多いということです。

デメリットとしては、その他の返礼品の取扱いがふるさとチョイスと同じになっていますので、ふるぽからお申込みすう意味があまりないです。

ですので、ふるぽを使う理由としては、旅行券が欲しいとお考えの方におすすめしています。

特徴やメリットデメリットを知りたいなら↓↓からどうぞ。

JTBふるさと納税サイトのふるぽを知りたいあなたへ!メリット、デメリットを全部教えます「ふるぽ」は、返礼品を48,697件以上、224の自治体を取り扱うふるさと納税サイトです。 ふるさと納税の返礼品で、48,697件...

申込手順なら↓↓からどうぞ。

【申込手順解説】ふるさと納税サイト「ふるぽ」のお申し込み流れを動画と画像で解説!ふるさと納税サイト「ふるぽ」で返礼品を申し込みしようとお考えのあなたへ、どのような手順で「ふるぽ」からお申込みしたらいいかわからないとお...

「さとふる」の特徴

さとふるの特徴は、3つあります。

1つ目は、メール・電話対応が充実していること。2つ目は、マイページがわかりやすいこと。3つ目は、画面の使いやすさ、申し込みしやすさになります。

全体的に利用するユーザーの方を第一に考えたサイトになっているので、はじめて利用する人はわかりやすいです。

但し、返礼品の取扱数が少ないことがデメリットです。

特徴やメリットデメリットを知りたいなら↓↓からどうぞ。

さとふるの特徴やメリット、デメリットを紹介!お申し込みしようとしているあなたへ「さとふる」は、返礼品を4万8千件以上、357の自治体を取り扱うふるさと納税サイトです。 しかし、ふるさと納税サイトで返礼品を選ぶ...

申込手順なら↓↓からどうぞ。

【申込手順解説】ふるさと納税サイト「さとふる」で迷わずお申し込みしたいあなたへ「はじめてなので返礼品の申込手順や手続きの仕方がわからない、いざ申込する時に迷わないようにしておきたい、申込方法や注意点を事前に知ってお...

利用するなら↓↓からどうぞ。

「さとふる」から返礼品を見る

「わが街ふるさと納税」の特徴

わが街ふるさと納税の特徴は、アナログな入金対応が可能ということ。もう一つは数少ない家電製品の取扱いがあるということです。

インターネットが不慣れな人にとっては、銀行振り込みや郵便振替などの決済はうれしいです。

デメリットとしては、自治体の掲載数は多いですが、わが街ふるさと納税サイトから直接お申込みできる自治体が少ないことです。

せっかく欲しい返礼品を見つけても、直接自治体へ問合せて、お申込みするので、ちょっと面倒ではあります。

ただ、面倒でも、アナログな入金対応や各自治体へお申し込むすることが面倒でない方にはおすすめです。

特徴やメリットデメリットを知りたいなら↓↓からどうぞ。

わが街ふるさと納税(サイネックス運営)の特徴やメリット、デメリットを一挙公開!「わが街ふるさと納税」は、返礼品を3万4千件以上、1741の自治体を取り扱うふるさと納税サイトです。 しかし、返礼品が3万4千件、...

申込手順なら↓↓からどうぞ。

【申込手順解説】ふるさと納税サイト「わが街ふるさと納税」の申込流れを教えます!ふるさと納税サイト「わが街ふるさと納税」でお申込みしようとしても、どのような流れでお申込みしていいのかわかりませんよね。 私も通販...

「ふるなび」の特徴

ふるなびの特徴は、なんといっても家電製品や電化製品の取扱数が圧倒的ナンバー1ということでしょう。

また、人気のアイスクリームであるサーティーワンのアイスも取扱いしていることも珍しく、人気の秘密になっています。

但し、全体的にみると返礼品数が少ないのが、難点です。家電が欲しい方にはオススメです。

特徴やメリットデメリットを知りたいなら↓↓からどうぞ。

ふるなびで家電攻略!ふるなびの特徴からメリット、デメリットを徹底紹介します。「ふるなび」は、返礼品を2万9千件以上、100の自治体を取り扱う人気のふるさと納税サイトです。 しかし、ふるさと納税といっても返礼...

申込手順なら↓↓からどうぞ。

【申込手順解説】ふるさと納税サイト「ふるなび」お申し込み一連の流れを紹介しますふるさと納税サイト「ふるなび」でいざお申込みをしようとしても、どのような流れでお申込みしたらいいのかわからない、途中でわからなくなるのは...

利用するなら↓↓からどうぞ。

「ふるなび」から家電の返礼品を見る

「楽天ふるさと納税」の特徴

楽天ふるさと納税の特徴は、楽天ポイントが貯まること、そして使えることです。

普段楽天を使っている人は、抵抗感なくご利用いただけると思います。

デメリットとしては、家電製品や商品券の取扱いはなく、返礼品数の取扱数も少ないということです。

せっかく楽天ふるさと納税でお申込みしようとしても、ポイントが貯まったり、使えたりしても、欲しい返礼品がなかったら意味はないですよね。

ですので、ふるさと納税で何万円もお申し込むするなら、どうしてもポイントを貯めたい、使いたいという方におすすめです。

特徴やメリットデメリットを知りたいなら↓↓からどうぞ。

楽天ふるさと納税で損していませんか?楽天ふるさと納税ポイントとメリット、デメリット!「楽天ふるさと納税」は、返礼品を25,000件以上、425の自治体を取り扱うふるさと納税サイトです。 ふるさと納税で返礼品を申し込...

申込手順なら↓↓からどうぞ。

【申込手順解説】楽天ふるさと納税の返礼品を一発でスムーズに申込したいあなたへ楽天ふるさと納税で、返礼品を選んだが、どのように申し込んだらいいかわからないとお考えではありませんか? いつも使っている見慣れた楽...

「ANAのふるさと納税」の特徴

ANAのふるさと納税の特徴は、ただ一つで、ANAマイルが貯まることです。

それ以外は、返礼品数も非常に少ないので、なかなかあなたの欲しい返礼品が見つからないかもしれません。

でも、せっかくのふるさと納税であれば、ANAマイルが貯めたいという方にはおすすめです。

特徴やメリットデメリットを知りたいなら↓↓からどうぞ。

ANAマイルがもらえる!ANAふるさと納税のポイントやメリット、デメリットを紹介「ANAのふるさと納税」は、返礼品を4万8千件以上、357の自治体を取り扱うふるさと納税サイトです。 ふるさと納税サイトにおいて、...

申込手順なら↓↓からどうぞ。

【申込手順解説】ANAのふるさと納税で返礼品の申込方法をわかりやすく紹介します「ANAのふるさと納税」のふるさと納税サイトがよさそうだから、ANAマイレージを貯めたいと思っても、実際どのようにお申し込みしていいかわ...

「ヤフーふるさと納税」の特徴

ヤフーふるさと納税の特徴は、ただ1つ。Tポイントが使えることです。

ただ、返礼品の取扱い数が少ないことから、あなたの欲しい返礼品が見るかる可能性が低いです。

ですので、せっかくふるさと納税で返礼品をお申込みするなら、Tポイントを使いたいという方にはおすすめです。

特徴やメリットデメリットを知りたいなら↓↓からどうぞ。

ヤフーふるさと納税のおすすめポイント!メリット、デメリットからTポイントまで紹介「ヤフーふるさと納税」は、返礼品を16,189件以上、173の自治体を取り扱うふるさと納税サイトです。 ふるさと納税で返礼品をお申...

申込手順なら↓↓からどうぞ。

【申込手順解説】ヤフーふるさと納税の返礼品をお申し込みしたいあなたへ!ふるさと納税サイトで、欲しい返礼品が見つかった場合、いざお申し込みしようと思ってもどのような流れでお申し込みしたらいいかわかりませんよね...

「ふるさとプレミアム」の特徴

ふるさとプレミアムの特徴は、2つあります。

1つ目は、家電製品の取扱い有りということ。2つ目は、ハーゲンダッツの取扱い有りということです。

自治体や返礼品数の取扱数は少ないですが、家電製品がどうしても欲しい方には、「ふるなび」と一緒に、「ふるさとプレミアム」をチェックすることをおすすめします。

特徴やメリットデメリットを知りたいなら↓↓からどうぞ。

ふるさとプレミアムを知りたいあなたへ!評判、口コミからメリット、デメリットを紹介「ふるさとプレミアム」は、返礼品を7,969件以上、38の自治体を取り扱うふるさと納税サイトです。 ふるさと納税の返礼品を探すとき...

申込手順なら↓↓からどうぞ。

【申込手順解説】ふるさと納税サイト「ふるさとプレミアム」返礼品の申込流れ一部始終ふるさと納税サイト「ふるさとプレミアム」で、欲しい返礼品があるけど、お申込みの方法がわからない、どういう流れでお申込みしたらいいのかわか...

ふるさと納税のポータルサイトを徹底比較まとめ

ふるさと納税のポータルサイトを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ふるさと納税のポータル主要9サイトから、あなたの好きな特徴のサイトを選んで、満足のいく返礼品が見つかれば、ふるさとマニアとしてもうれしいです。

ふるさとマニアの記事を通して、ふるさと納税においてあなたのお役立ちができれば幸いです。

ふるさと納税で返礼品を選ぶなら

ふるさと納税の返礼品を選ぶなら! 「取り扱い返礼品数と自治体数」ナンバー1サイト「ふるさとチョイス」が一押し↓↓

「ふるさとチョイス」から返礼品を選ぶ方はコチラ